後遺障害等級取得までの流れ

後遺障害等級を取得するまでの大まかな流れとしては、まずはケガの治療、症状固定、後遺障害診断書の提出、後遺障害等級の認定、保険金の受け取りというものになります。専門用語でもある「症状固定」とは、これ以上治療を続けても症状が良くなることはないという状態を指し、等級の認定はこの段階からスタートすることになります。まずは医師から後遺障害診断書を作成してもらう必要があり、書類の作成が終わったら、書類を任意保険会社へと提出します。保険会社は書類のチェックとその他必要書類の作成をして自賠責機構へと書類を提し、自賠責機構は提出された書類に基づいて後遺障害等級を認定していくという流れが一般的です。なお、この流れによる等級取得は事前認定と呼ばれるもので、この他にも被害者認定という方法もあります。

後遺障害等級取得の被害者認定の方法も、事前認定とあまり変わりありませんが、途中の流れが若干異なります。後遺障害診断書を保険会社へと提出するという流れがカットされることになり、自賠責機構へと送るその他の書類についても全て自分で作成、提出しなければなりません。被害者認定は事前認定と比較して手間がかかってしまうことがデメリットとなります。