弁護士の利用はメリットも多い

任意保険会社は、基本的に加害者側の味方です。というのも、保険というサービス自体が加害者の負担を軽減させるためのサービスであるという理由があります。保険はもしも事故を起こしてしまった場合、金銭的な保障をしてくれるサービスとなりますが、保険会社からしてみれば保険金の支払いは費用となります。保険会社からすれば出費が抑えられるに越したことはなく、できる限り少ない出費に抑えようとするのは当然です。いかに保険金を安く抑えられるかという課題に尽力することになるため、つまりサービスを利用している加害者に対してはよく働いてくれることになります。

被害者側の保険会社はというと、決して業務をおろそかにするというわけではありませんが、交渉は頑張らなくても損をするわけではなく、味方になっているかと問われれば甚だ疑問です。弁護士を利用することは、頼りにならない保険会社ではできないような、被害者が得をするように働いてくれるため、被害者にとって非常に大きなメリットとなります。慰謝料の請求、損害賠償金の請求など、示談交渉にも大いに役に立ってくれることはもちろん、後遺障害等級の取得についても弁護士に相談すべきといえるでしょう。